ざっしょく系女子の趣味を探す旅

自由にやりたいことを探しながら徒然なるままに書くブログです

未分類

引越し極意!!!急な転勤で学んだ事9つ!!

投稿日:2018年3月3日 更新日:

日常の中の“楽しい”“役に立つ”“知りたい”を探すミッシェルです。

長ぁーーい冬眠から目覚めて

活動を再開しますので

今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m

 

投稿もせず、何をしていたかと言うと!!

 

会社から大阪→東京の転勤を命じられ

東京の子になりました…(´°‐°`)(遠い目)

パパッと出荷されてドナドナ気分です🐄

転勤無しって言ったのにウソツキ!!!(´;ω;`)

 

事の発端は

油断をしていたら12月に辞令が!!!!!

出勤はもちろん年末仕事納めまで、開始は1月仕事始め。

正直実家を離れ苦手なシティーガール生活なんて想像できませんでした。

ただ、転勤を命じられたら

そうこういってられません!!!!!!

普段の業務に加えネットやら不動産で物件を探して

東京に見に行って物件の契約して引越し業者の見積もりと契約して電気水道ガスの引越し手続きして家具家電を予約してWiFiの引越し手続きして

実際に東京へ行く手段の予約をする。

※移す予定の人は転入転出届も

なんてこったです。

この鬼タイトなプランを取りこぼさずに出来たかというともちろん出来ませんでしたとも!!!!

なので、後悔も含めてまとめさせていただきます。

 

①期間とタイムリミットを把握する

アナログ手書きで十分です。

何を、いつまでにやらないといけないかを

明確に視覚化する事をオススメします。

思ってたより時間がなかったり

無理な計画を立てていたらそれに気付く事が出来ます。

全体的な予定を立てやすくなります。

 

 

②ざっくりと予算を考える

家賃、家具家電など選べるものはとりあえず

自分の中で最低限ラインを決めて

確実なところから換算するといいと思います。

特に、家賃の目安が決まると

住める大体の場所が分って

選びやすくなります。

※女性は家賃だけで決めると治安などの問題があるので治安や口コミ、家までの人通りも確認してください

 

③見に行けるまではネットで検索か不動産屋さんへ

お世話になった不動産屋さんが

ある人はまずそこで聞いてみるのも有り。

不動産屋さんは全国どのお店もほぼ同じデータを

扱っていますから(同じシステムを使っているそうです)

基本的な相談に乗ってくれる可能性大です。

ネットでは安すぎる物件には(釣り広告の危険大)

注意して当てはまる条件の物件をピックアップ

して実際に相談する時に見せると

希望が伝わりやすくなるし時短になります。

どうしても見たい、気になる物件があったら

管理会社に早めに連絡して

見に行く希望日を決めましょう。

当日だと鍵を不動産屋さんが用意出来ない

可能性があるので事前の連絡は必要です。

そして、それに近い物件を見繕ってもらって

是非他もも見せてもらいましょう!

 

 

④住みたい場所の近くの不動産屋さんへ!

実際に見に行く際は

もちろん住みたい場所の不動産屋さんへ。

アフターケアが受けやすいだけではなく

近くならではの個人的な物件を持っている

可能性があります。

近所の施設、特徴などの説明も受けられるので

とても参考になります✩

ハンコ身分証明書

忘れずに持っていきましょう。

その日に契約できるので時短になります。

 

 

⑤引越し業者の見積もりと契約

引越し先が決まったら

(ある程度でも場所が決まっていれば相談可能)

引越し業者の見積もりを何社かとってください。

そう、何社か、ですよ?

かなり料金がここで変わります。

ネットで一括見積もりサービスへ登録すると

相手からジャンジャン見積もり依頼が来ます

ので、これも何社も調べる時短になりますよ!

そして、月末を外せるなら外した方が安いです。

シーズン関係なくそうだと業者の方が

そう教えてくれました。

積み込み日と、搬入日もずらす方が

安い場合があるのでそれも視野に入れましょう。

単純に、積み込みと搬入日をずらした方が

一日潰れないので私はゆとりがありました。

段ボールをもらったら

季節外れの服、靴、本など無くて困らないものから

どんどん詰めて一か所にまとめちゃってください

 

 

⑥細々した手続き

住所が決まれば

電気、ガス、水道はインターネットで

手続きできます。

その中でもガスは当日立ち会いが必要なので

早めに予約をしてください。

予約をしないと、引越しシーズンや遠方は

引越し日に開栓できない場合があります。

 

 

⑦WiFiは早めに

WiFiは2週間ほどかかります。

元のWi-Fiを引っ越しさせるのか、新規の契約をするのか。

いずれも年末年始は特に長くなります(私がそれでした)

引越しが決まったら

手続きだけでもはじめちゃいましょう。

 

 

⑧転入転出届

私はいつまで居るかも分からないので本籍はそのまま実家にしていますが

転入届・転出届は提出が必要です。

これらは期限が定められている上、市区町村役所に行かなければ

いけないのでお早めに!!(土曜も可)

転出届は転出する市区町村の役所

(郵便で転出届を出す方法もありますが時間と費用がかかります)

期限:転出の14日前から

持ち物※自治体によって異なります

・本人確認書類(運転免許、パスポートなど)

・印鑑

(代理の場合は委任状と、代理人の上記の書類と印鑑が必要)

転出届の用紙は区役所にあります

 

転入届は転入先の市区町村の役所

期限:転入から14日以内

持ち物※自治体によって異なります

・転入届は転出届の手続きをしたときに発行された転出証明書

・本人確認書類

・マイナンバーカード(通知カードも可)

(代理の場合は委任状と、代理人の上記の書類と印鑑が必要)

・印鑑

 

詳しくは手続きをする市区町村のホームページなどでご確認ください。

 

 

⑨今住んでいるのが賃貸で引き払う場合

早めに連絡を!

早くに引越しの予定が分かっていたらまず

引っこく事実と解約の日にちを決めましょう。

これが遅いと住んでいないのに

家賃を払うことになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その他

家電や衣類、布団などはお忘れありませんか?

配達であればその時間や段取りも問題ありませんか?

 

以上が私の経験からの引越し極意です。

詳しくは書き足していきますね☺

 

この投稿が急遽必要にんなるような事態が来ないことを祈っています!!!

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

はじめましてのご挨拶( ᵕᴗᵕ )

ひにちび ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ はじめまして! 人生楽しんだもん勝ち My life is mine を胸に生きている、 日常の中の“楽しい”“役 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。